遠慮からの卒業

自分らしさを置いてけぼりにして、自分の本音は二の次、三の次にして、遠慮ばかりの人生から、いかに卒業してゆくか~? そんなヒントになればいいな、というblogです。

空気を読んでちゃ、始まらないタイミング

先日、たまたま目にした歴史上の人物のテレビ番組で、「佐久間象山」という方を取り上げていました。

 

私にとっては、初めて耳にする名前でした。

ご存知の方、いらっしゃるだろうか…?

 

佐久間象山さん…

1811-1864 江戸時代後期の武士,思想家。
文化8年2月28日生まれ。妻は勝海舟の妹。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩士。江戸で佐藤一斎にまなび,神田で塾をひらく。天保(てんぽう)13年老中真田幸貫(ゆきつら)に「海防八策」を提出。江川英竜(ひでたつ)に西洋砲術をまなび,勝海舟らにおしえた。嘉永(かえい)7年吉田松陰の密航事件に連座。のち公武合体,開国を説き,元治(げんじ)元年7月11日京都で尊攘(そんじょう)派に暗殺された。54歳。名は啓(ひらき),大星。字(あざな)は子明。通称は修理(しゅり)。号は「ぞうざん」ともよむ。著作に「省諐録(せいけんろく)」など。    (コトバンクより引用)

f:id:arugamama9:20170824164028j:plain

かなりの自信家で、こだわりが強い方、だという印象。

 

幕末の時代、外国のことを知らねば、という思いから、当時はかなり高価だったオランダの書物を堂々と藩に訴えて購入してもらったエピソードでは、「まったく空気を読まない人物。」と、口々にコメントされていました。

 

取り寄せさせた書物オランダ語を学ぶところから始まり、2年ほどでオランダ語を修得し、オランダの自然科学書、医書、兵書などから知識を吸収し、活かしたのだそうです。

 

それは、単なる個人的な好奇心に留まらない、もっと日本の先を見据えた志からの行動だったのだろうと、そのテレビ番組から感じたのでした。

 

周りの空気や、これまでの常識など気にしていては、大きな変革はなしえない。

 

もちろん、誰もが大きなことをしなくてはならないわけではない。

しかしながら自分の人生にも、大きなターニングポイントはあるでしょう?

 

その時に、周りの空気だけを読んでいて、答えは見つかるのだろうか?

外に答えを探しても、本当に見つかるのだろうか?

自分だけの人生の指針や決定権を、誰かに明け渡してもいいのだろうか?

 

 

外界の常識とか、誰かの意見とか気持ちなどは、常に移ろいやすいものです。

瞬間瞬間に、実はすべてが変化しています。

 

空気を読んだつもりが、読みすぎてかえって真実が見えなくなってしまうこともよくあること、です。

判断基準になっている空気自体が移り変わりのですから…。

いったい何が真実なのか?

いったい何を信じればいいのか?

分からなくなって、疲れ果ててしまうのです。

そんな経験を、実は何度も繰り返してきました。

 

 

本当のことは、実はシンプルなのではないだろうか。

 

 

空気が読める、空気を敏感に察知することができるのは、素晴らしいことです。

特に日本人は、空気を読んで察する能力が最も高いと言われているように、それは素晴らしいことだと誇りに思うべきです。

 

今や外国人が、日本人のおもてなしを学ぼうとしている時代でもあるのですから…。

 

空気を読む力は素晴らしいのだと理解したうえで、同時に自分の気持ちを最優先にする自由をちゃんと自分に許したいのです。

 

空気を読んでばかりじゃ、始まらない。

空気を読んでばかりじゃ、本当にしたいことはできない。

「本当にしたいこと」とは、「本当の本当に」であって、「そこそこ したいこと」ではないのです。

 

妥協や謙遜という余計なフィルターは取り除いた、とってもシンプルで純粋な思いを第一に優先してもいい、ということを自分に許可することから始めたい、と思うんです。

 

それは本当の自分に正直になること。

それは時には、空気を読まないこと。

 

そんなタイミングが、誰にもあるのです。

 

 

本当に読まなきゃならないのは、「空気」でしょうか?

本当に読むべきは、「空気」じゃなく「自分の本当のこころ」なんじゃないかな。